町村議会クイックNavi詳細画面

最終更新日:2018年7月31日

  • 推定樹齢150年の町のシンボル「はるにれの木」

  • 十勝川河口付近で見られる絶景「ジュエリーアイス」

  • 豊頃の農産物や魚介類がそろう「とよころ物産直売所」

  • no_image
◆所在地
〒089-5392 北海道中川郡豊頃町茂岩本町125番地
◆電話
015-574-2222  直通  
◆FAX
015-574-3955
◆MAIL
gikai@toyokoro.jp
◆交通
JR豊頃駅下車 バス5分

基本情報

町村長 宮口 孝 (みやぐち たかし)
議会議長 藤田 博規 (ふじた ひろのり)
議会事務局長 中川 直幸 ( なかがわ なおゆき)
住民基本台帳人口 3,182人(平成30年04月)
面積 537㎢
類似団体別市町村財政指数 Ⅰ-0
平成30年度一般会計予算額 4,425,000千円
  うち議会費 61,484千円
全国
表彰
議会特別表彰
議会広報コンクール
農林水産業・ブランド作物の振興農・林・水産業全てがそろっている町であり、それぞれ新しいことにチャレンジしています。農業は「十勝大根」をブランド化し規格外品に付加価値をつけ「切干大根」を町の特産品にしています。漁業はクロソイとマツカワを放流し育てる漁業を実践しています。また、特産品の大津産秋鮭、十勝大根を使った飯寿しを販売していて発売と同時に完売する好評ぶりです。林業は本町総面積の61%を森林が占めており、天然生の広葉樹林が広く存し自然景観に優れています。





十勝川の最下流に位置する十勝発祥の地として約130年の歴史があります。町のシンボルとなっている樹齢150年の「はるにれ」は美しい姿が人気で多くの観光客が訪れます。また、秋には「産業まつり」が開催され、海と大地の実りを大いに堪能することができます。最近では、厳寒期に十勝川河口付近で見られる「ジュエリーアイス」が、国内・外から訪れる多くの観光客を魅了しています。

議会の構成・議会活性化の取組み

議員定数・現議員数 定数9人  現数8人  (男8人、女0人)



常任委員会 総務文教常任委員会 6人
産業厚生常任委員会 6人
議会運営委員会 議会運営委員会 4人
特別委員会
協議調整の場 全員協議会 



議会事務局 職員3人 (専任職員0人 兼任職員3人)
議会図書室 あり(一般利用可)
議会活性化組織の設置    
議会基本条例の制定  
議会改革に関する条例制定  
通年会期制の導入  
議決事件の追加基本構想、基本計画、名誉町民の決定、定住自立圏形成協定に関すること
専門的知見の活用 
議員同士の自由討議 
質問方法の改革一問一答方式
質疑方法の改革 
議場・議会運営の工夫対面式演壇
住民との対話機会 
住民参画・協働 
模擬議会の開催 
会議の公開 
議会の夜間・休日開催 
傍聴者への配慮資料の配布
議会中継の手段 
議会中継の方法 
広報・広聴活動ツール議会広報紙、行政広報、ホームページ
情報公開会議告知、議決結果、会議録

トップへ戻る